物流ニッポン > 渋沢倉庫、少スペースの作業効率化 BtoC業務に適用可能
物流企業
2021/05/18

渋沢倉庫、少スペースの作業効率化 BtoC業務に適用可能

管理者用
物流ニッポン

 渋沢倉庫は5月10日、物流ロボットのサブスクリプションサービス(月額定額制)「RaaS」を提供する、プラスオートメーション(飯間卓社長、東京都港区)と共同で、松戸営業所(千葉県松戸市)に、ソーティングロボット「t-Sort」とマンパワーを融合したハイブリッド型業務フローを構築し、導入した、と発表した。アパレルを中心とした輸入雑貨の取り扱いに活用する。(辻本亮平)
【写真=ソーティングロボットを導入】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト