物流ニッポン > SGL構想/新中計、自動化技術のシェアサービス 持続成長むけ変化に挑戦
物流企業
2021/05/14

SGL構想/新中計、自動化技術のシェアサービス 持続成長むけ変化に挑戦

管理者用
物流ニッポン

 住商グローバル・ロジスティクス(SGL、沖廣克也社長、東京都千代田区)は2022年3月期から3カ年の新中期経営計画を始動させ、自動化技術のシェアリングサービスの開発や庫内作業の要員最適化システムの外販、新型ステンレスコンテナの本格導入などに取り組んでいる。1年目の今期は「持続的かつ自律的成長に向けての変化への挑戦」をテーマに設定。各事業本部が顧客ニーズを先取りし、物流の新しい価値を創造していく。(沢田顕嗣)
【写真=今年度に開催される展示会へ新型ステンレスコンテナを出展(イメージ図)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト