物流ニッポン > 東京水産ターミナル、グリーン物流PJ推進 トラック待機を大幅削減
産 業
2021/05/11

東京水産ターミナル、グリーン物流PJ推進 トラック待機を大幅削減

管理者用
物流ニッポン

 冷蔵倉庫の賃貸・運営管理、大井水産物ふ頭の管理などを行っている東京水産ターミナル(藤本健次郎社長、東京都大田区)は、グリーン物流プロジェクト(PJ)を推進している。働きやすい環境づくりや環境保全に向け、テナントとともにPJを発足させたのは2015年。地道に歩み続け、トラックの待機時間の大幅な削減、テナントの業務効率化などで成果を上げ始めている。(高橋朋宏)
【写真=冷蔵・冷凍倉庫5棟をテナント11社が利用】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト