物流ニッポン > 厚労省/改善基準実態調査、「適切な拘束」認識に差 業態別に作業部会設置
行 政
2021/04/30

厚労省/改善基準実態調査、「適切な拘束」認識に差 業態別に作業部会設置

管理者用
物流ニッポン

 厚生労働省が4月23日発表した、自動車運転者の改善基準告示改正に向けた調査によると、適切だと思う1日の拘束時間は、トラック運送事業者が「13時間超~15時間以下」で過半数を占めた一方、ドライバーは「13時間以下」が7割近くとなり、認識の差が浮き彫りとなった。今後はモードごとに作業部会を設け、詳細について議論を進めていく。(伊代野輝)
【グラフ=事業者とドライバーの労働時間に対する認識の調査結果】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト