物流ニッポン > 香川商事、ドローンで事業多角化 空撮・農薬散布に需要
物流企業
2021/04/09

香川商事、ドローンで事業多角化 空撮・農薬散布に需要

管理者用
物流ニッポン

【香川】香川商事(香川政道社長、香川県三豊市)は、社内にドローン(小型無人機)事業部「空遊操司(くうゆうそうし)カンパニー」を設置し、事業多角化を図っている。空撮や農薬散布を中心に様々な需要があり、今後も幅広いニーズに応えていく方針だ。(江藤和博)
【写真=農薬散布のためには農林水産省の認定機を使うことが必要で、これを操縦するための資格も取得】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト