物流ニッポン > JR貨物、積合せコンテナ列車新設 業績V字回復めざす
物流企業
2021/04/06

JR貨物、積合せコンテナ列車新設 業績V字回復めざす

管理者用
物流ニッポン

 日本貨物鉄道(JR貨物)は2022年3月期、新型コロナウイルス感染拡大の影響で落ち込んだ業績のV字回復を目指す。EC(電子商取引)需要に合わせた積合せ貨物輸送のコンテナ列車を新設し、家庭向けの食品と農産物などの取り込みに向けた営業を強化。21年3月期見込みで1350億円(20年3月期比5.6%減)まで落ち込む鉄道事業の売上高を前期比8.8%増の1470億円に引き上げる。また、総合物流グループへの進化を加速させ、連結売上高を6.9%増の2013億円とし、18年3月期以来の経常利益100億円達成を目指す。(佐々木健)
【グラフ=21年度の成長・戦略投資の内訳】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト