物流ニッポン > 嬬恋村/台風19号被害、国道44号の工事続く 運送事業者が村道へ迂回
物流
2021/04/06

嬬恋村/台風19号被害、国道44号の工事続く 運送事業者が村道へ迂回

管理者用
物流ニッポン

 【群馬】2019年の台風19号による吾妻川の氾濫(はんらん)で国道144号が崩壊し、群馬県嬬恋村は大きな被害を受けた。当時、斜面崩落や道路欠陥などが複数箇所で発生。現在、復旧が完了した地区があるものの工事は続いており、21年末までの完了を目指す。運送事業者は迂回(うかい)ルートの走行を余儀なくされ、村外へ出る際は同144号を走行するより時間がかかるなど、いまだ台風被害の影響を受けている。安全面や運転者の負担軽減に向け、早期の復旧が待たれる。(中西祥梧)
【写真=大笹地区の復旧工事が本格化】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト