物流ニッポン > 日本物流未来投資ファンド、2号案件は創友へ出資 物流会社支える受け皿に
物流企業
2021/04/02

日本物流未来投資ファンド、2号案件は創友へ出資 物流会社支える受け皿に

管理者用
物流ニッポン

 SBSホールディングスと日本政策投資銀行(DBJ)が共同で設立した日本物流未来投資ファンド(遠藤隆社長、東京都墨田区)は、第2号案件となる一般貨物自動車運送事業者の創友(岸正美社長、千葉県柏市)への投資を日本物流未来投資事業有限責任組合を通じて3月30日に実行した。SBSグループのSBSフレック(加藤元・社長、東京都墨田区)が1年以内をメドに吸収する。(沢田顕嗣)
【写真=調印式で握手する遠藤社長㊧と創友の岸社長】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

仙台港インターSSにオープン

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト