物流ニッポン > ミカワ、旧型車両輸送をスタート アストラムライン代替で
物流企業
2021/04/02

ミカワ、旧型車両輸送をスタート アストラムライン代替で

管理者用
物流ニッポン

 【広島】重量物輸送のミカワ(三川謙二社長、広島市安佐北区)は、広島市内を運行する新交通システム(AGT)路線「アストラムライン」の車両が新型車に代替されるのに伴い、旧型車両の輸送を受注し、4月から業務をスタート。また、2020年10月に貨物自動車利用運送専門の拠点「東京オフィス」(東京都中央区)を開設したが、見積もり案件が増え、成約した仕事も出ている。こうした新規案件はホームページからの問い合わせが契機になることが多く、三川社長は「インターネットの力を実感した」と話す。今後もPRに力を入れ、同業者とのネットワークづくりに取り組む考えだ。(江藤和博)
【写真=今後は新型車の代替を推進】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト