物流ニッポン > プロロジス、神戸・西にマルチ型 食品&アパレルで満床
産 業
2021/03/26

プロロジス、神戸・西にマルチ型 食品&アパレルで満床

管理者用
物流ニッポン

 プロロジス(山田御酒社長、東京都千代田区)は3月18日、神戸市西区で、マルチテナント(複数企業入居)型物流施設「プロロジスパーク神戸5」を竣工させた、と発表した。賃貸契約率は既に100%で、着工以前に三菱食品と賃貸借契約を締結、コープこうべ(山口一史理事長、神戸市東灘区)の食品保管及び配送拠点として利用する。また、2020年12月に同契約を締結した三井物産グローバルロジスティクス(竹森一哉社長、東京都港区)は、大手アパレルブランド向けの物流拠点として運営する。(井内亨)
【写真=1、2階は3温度帯対応の冷凍・冷蔵施設とする】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト