物流ニッポン > 取引労働改善北海道協、野菜輸送効率化むけ実証 荷役を1時間24分短縮
行 政
2021/03/26

取引労働改善北海道協、野菜輸送効率化むけ実証 荷役を1時間24分短縮

管理者用
物流ニッポン

 【北海道】北海道運輸局などが2020年秋ごろに実施した野菜輸送の効率化を図る実証実験の結果によると、輸送用機器を使った生産地から店舗までの物流網を構築することで、ドライバーの荷役時間が最大1時間24分短縮された。従来は平積みだったのを、ドーリー(台車)や折り畳みコンテナ(オリコン)を使うことで負担を大幅に軽減。物流センターに加え、店舗作業の改善にもつながった。(土屋太朗)
【写真=来年度も実証実験に取り組む方針】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト