物流ニッポン > 自動運転トーイングトラクタ、成田・羽田空港で導入 ANAが29日から実証
物流
2021/03/23

自動運転トーイングトラクタ、成田・羽田空港で導入 ANAが29日から実証

管理者用
物流ニッポン

 空港地上支援業務(グランドハンドリング)の労働力不足に対応するため、成田、羽田の両空港の制限区域内で、国内初となるベル3(条件付き自動運転)の自動運転トーイングトラクタが導入される見通しだ。羽田空港では、10月からの試験運用に向け、全日本空輸(ANA)と豊田自動織機が3月29日から実証実験を開始。一方、成田空港では、運航便数減少で閉鎖されている第2ターミナルサテライトの運用再開後、日本航空(JAL)が導入する。国土交通省は、2025年に自動運転レベル4(特定条件下の完全自動運転)相当の導入を目指しており、実現性の高い空港では導入を前倒しするほか、レベル3についても導入する空港を拡大していきたい考えだ。(田中信也)
【写真=JALはレベル3相当のトーイングトラクタの運行開始を予定】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト