物流ニッポン > 三井不/物流施設開発、自動倉庫実用化むけ検証 冷凍冷蔵や都市型展開
産 業
2021/03/12

三井不/物流施設開発、自動倉庫実用化むけ検証 冷凍冷蔵や都市型展開

管理者用
物流ニッポン

 三井不動産は、物流施設に関わる多様な事業を展開することで、庫内自動化ニーズの伸長やEC(電子商取引)市場の成長といった賃貸型物流施設市場の変化に対応していく。具体的には、物流業務フローの自動化機器を展示した体験型ショールーム「MFLP ICT(情報通信技術)ラボ2.0」(千葉県船橋市)を生かし、自動倉庫の実用化に向けた検証を推進。更に、施設内のICT活用の促進、冷凍・冷蔵施設や都市型施設の展開、感染症対策を考慮した環境整備などに注力する。物流施設開発事業の拡大だけでなく、周辺事業も積極展開することで多様化かつ増大するニーズに応えていく。(井内亨)
【写真=「物流施設需要の伸長、自動化推進、ラストワンマイルの三つに焦点を当てて事業を展開しなければならない」と三木常務執行役員】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト