物流ニッポン > 火曜リポート/東日本大震災10年、災害時物流着実に進歩 プッシュ型輸送へ転換
物流
2021/03/09

火曜リポート/東日本大震災10年、災害時物流着実に進歩 プッシュ型輸送へ転換

管理者用
物流ニッポン

 2011年3月11日の東日本大震災から10年――。大規模かつ広域に甚大な被害をもたらした震災の教訓を生かし、「プッシュ型」による支援物資輸送や、災害対策基本法に基づく「指定公共機関」の拡大、復興道路、復興支援道路の整備など大規模災害に備えた対策・取り組みは大きく転換した。熊本地震や西日本豪雨など大規模災害が相次ぐ中、対策をブラッシュアップし、災害時物流は着実に進歩している。(田中信也、武原顕)
【写真=岩手県大船渡市の避難所に到着した支援物資(11年3月)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト