物流ニッポン > KRSなど、「パレット流出」解決へ実証 位置情報・移動経路を分析
物流企業
2021/02/26

KRSなど、「パレット流出」解決へ実証 位置情報・移動経路を分析

管理者用
物流ニッポン

 キユーソー流通システム(KRS)は2月18日、電子部品や車載情報機器製造の大手であるアルプスアルパイン、損害保険ジャパン(西沢敬二社長、東京都新宿区)と組み、物流業務でのパレット流出の課題解決に向けた実証実験を開始した、と発表した。KRSが保有するパレットに、アルプスアルパイン社製のIoT(モノのインターネット)デバイス「物流トラッカー」を装着。位置情報と移動経路を分析することで、外部流出を少なくできる仕組みの構築を進めていく。2020年12月から6カ月間の予定で実験を実施している。(佐々木健)
【写真=パレットに装着する物流トラッカー】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト