物流ニッポン > 阪神港、来月コンパス試験運用 搬出可否を即時把握
行 政
2021/02/26

阪神港、来月コンパス試験運用 搬出可否を即時把握

管理者用
物流ニッポン

 阪神港は3月から、ICT(情報通信技術)を活用した海上コンテナの搬出入予約システム「CONPAS(コンパス)」の試験運用を始める。ドライバーに貸し出す携帯端末に荷積み場所や搬出可否情報をリアルタイムに提示することで、情報伝達ミス、ゲート前渋滞を防ぎ、処理時間の大幅な短縮を図る。(根来冬太)
【写真=情報伝達ミスなどを防ぎ、処理時間の大幅な短縮を図る(大阪会場)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト