物流ニッポン > 三原運送、6G関連の荷動き活発 「人材確保」重要課題
物流企業
2021/02/23

三原運送、6G関連の荷動き活発 「人材確保」重要課題

管理者用
物流ニッポン

 【岡山】三原運送(熊谷久郎社長、岡山県笠岡市)では、新型コロナウイルス禍による荷動き低迷から一転、トラックの稼働率が上がり始めた。また、2020年5月に本社隣接地に稼働させた倉庫(平屋建て、床面積492平方㍍)もフル稼働の状況。同社は今年、Gマーク(安全性優良事業所認定)を取得しており、今後は輸送品質を向上させながら、輸送需要拡大に備えて人材確保にも力を入れる。(江藤和博)
【写真=鉄骨を輸送する平ボディー車】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト