物流ニッポン > 福島沖地震、常磐道法面70㍍崩落 倉庫で荷崩れ発生も
物流
2021/02/19

福島沖地震、常磐道法面70㍍崩落 倉庫で荷崩れ発生も

管理者用
物流ニッポン

 2月13日午後11時8分ごろ、福島県沖を震源とするマグニチュード7.3の地震が発生し、宮城・福島の両県で最大震度6強の強い揺れを観測した。地震により、常磐自動車道で法面(のりめん)が約70㍍にわたり崩落して一部通行止めとなっているほか、港湾施設での被害も確認されている。物流企業では倉庫で荷崩れやシャッターの変形といった被害が発生。各トラック・倉庫協会は、行政との災害協定に基づく緊急輸送や被害確認など対応に追われた。=関連記事2面(特別取材班)
【写真=地震でシャッターがゆがんだ東日運送の仙台東物流センター(14日、宮城県七ケ浜町)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト