物流ニッポン > 宮城県など、仙台空港24時間化へ覚書 柔軟な運航計画を可能に
行 政
2021/02/19

宮城県など、仙台空港24時間化へ覚書 柔軟な運航計画を可能に

管理者用
物流ニッポン

 宮城県と名取、岩沼の両市は2月10日、仙台空港の運用24時間化に向けた覚書を締結した。地元の同意が得られたことにより、全国に先駆けて民営化した同空港の東北初、全国で9番目の24時間運用への下地が整った。貨物を含め新型コロナウイルス禍で航空利用が低迷する中、アフターコロナを見据えた柔軟な運航に期待が掛かる。(佐藤陽)
【写真=覚書を締結した(左から)村井宮城県知事、山田名取市長、菊地岩沼市長、鳥羽仙台国際空港社長】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト