物流ニッポン > サントリーHD&ユニチャーム、鉄道コンテナ共同輸送 CO2排出量2㌧削減
荷 主
2021/02/16

サントリーHD&ユニチャーム、鉄道コンテナ共同輸送 CO2排出量2㌧削減

管理者用
物流ニッポン

 サントリーホールディングス(新浪剛史社長、大阪市北区)とユニ・チャームは2月中旬から、鉄道コンテナによる商品輸送の一部を共同で開始する。両社のグループ会社を通じて、サントリーの飲料全般とユニ・チャームの衛生用品を鉄道コンテナに積み合わせ、静岡県から福岡県に輸送。両社の商品を積み合わせることで、積載効率を向上させるとともに、週1回の輸送でCO(二酸化炭素)排出量を年間約2㌧削減することを見込む。両社が10日に発表した。(井内亨)
【写真=重量物と軽量物を組み合わせて積載率向上】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト