物流ニッポン > ヤグチ物流、墜落防止設備を独自開発 トレーラにフック掛け設置
物流企業
2021/02/16

ヤグチ物流、墜落防止設備を独自開発 トレーラにフック掛け設置

管理者用
物流ニッポン

 【千葉】ヤグチ物流(谷口定之社長、千葉県野田市)は、墜落防止用の設備を設けたトレーラを独自開発した。原料輸送を行うドライバーがトラックの屋根上で積み込み作業中に墜落しないよう、墜落抑止用器具(安全帯)のフックを掛ける設備を設置。1月27日に5台納入され、3月ごろから稼働する予定だ。千葉や横浜、東京・大井などの港の拠点から野田市にある工場までの輸送に使用する。(井内亨)
【写真=車両上部にある設備のワイヤーに安全帯のフックを掛けて墜落を抑止】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト