物流ニッポン > 福通/新中計、特積拠点10カ所超開設 環境対応車1200台導入
物流企業
2021/02/12

福通/新中計、特積拠点10カ所超開設 環境対応車1200台導入

管理者用
物流ニッポン

 福山通運は2月5日、4月からスタートする3カ年中期経営計画を発表した。国内の特積輸送向けのネットワーク整備・拡充や環境規制対応車の導入、情報関連システムの高度化などに重点的に取り組むことで、最終年度の2024年3月期には連結売上高3200億円(21年3月期見込み比12.2%増)とともに、営業利益率7%以上の達成を目指す。設備投資は10カ所超の新拠点開設や環境対応車1200台の購入を計画しており、総額700億円規模を見込む。(高木明)
【写真=指定の停車位置に誤差の範囲内で停車】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト