物流ニッポン > メーカー/冬タイヤ、正しい使い方を更に周知 「新品の50%」ルール化受け
産 業
2021/02/12

メーカー/冬タイヤ、正しい使い方を更に周知 「新品の50%」ルール化受け

管理者用
物流ニッポン

 トラック・バス事業者が雪道で使用するタイヤの摩耗状態を「新品時の50%」と、国土交通省が安全確認をルール化したことについて、主要タイヤメーカーは「適切な使用への理解が高まる」「事故の未然防止につながる」と好意的に受け止めている。一方、「道路管理や交通規制など、情報提供の一層の総合的な対応も安全走行確保に必要」と更なる対策を求める声も浮上。各社、冬用タイヤの正しい使用方法の更なる周知や、摩耗状況の把握など新しいサービスの開発を図る考えを示している。(高橋朋宏、沢田顕嗣)
【写真=雪道で使用するタイヤの摩耗状態を「新品時の50%」と、国交省が安全確認をルール化(一部画像処理)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト