物流ニッポン > JR西日本岡山支社、貨客混載でヤマトと実証 在来線で乗客の安全面確認
物流
2021/02/09

JR西日本岡山支社、貨客混載でヤマトと実証 在来線で乗客の安全面確認

管理者用
物流ニッポン

 西日本旅客鉄道(JR西日本、長谷川一明社長、大阪市北区)の岡山支社は1月29日、ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と連携し、在来線の普通列車を使った荷物輸送の実証実験を行った。今回は乗客の安全面の確認が目的で、今後は悪天候時の輸送など様々な観点から実証実験を重ね、事業化を目指す。普通列車の貨客混載はJR西日本では初めて。(江藤和博)
【写真=ヤマト運輸の宅配ボックスを備中高梁駅から列車に乗せ】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト