物流ニッポン > JAFA調べ/輸出航空貨物取扱量12月、全仕向け地で実績上回る 自動車など好調
物流
2021/01/26

JAFA調べ/輸出航空貨物取扱量12月、全仕向け地で実績上回る 自動車など好調

管理者用
物流ニッポン

 自動車関連や半導体などを中心に、輸出航空貨物(混載)が好調に推移している。航空貨物運送協会(JAFA、鳥居伸年会長)が1月19日発表した12月の輸出航空貨物実績によると、TC-1(米州)、2(欧州)、3(アジア・オセアニア)向けの取扱量が、いずれも前年同月実績を上回った。2017年から18年にかけて世界全体の景気が拡大して荷動きが活況だった18年11月以来、25カ月ぶり。総取扱量としては、前年同月比13.3%増の8万8415㌧にまで伸長、2カ月ぶりに前年実績を超えた。自動車関連や半導体、電子部品などの荷動きが好調な上、海上輸送の遅延発生に伴う航空輸送へのシフト需要も見られた。(井内亨)
【グラフ=仕向け地別の取扱量の前年同期比増減率】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト