物流ニッポン > MTI、トラック事業に活路 コロナ禍でバス需要激減
物流企業
2021/01/26

MTI、トラック事業に活路 コロナ禍でバス需要激減

管理者用
物流ニッポン

 新型コロナウイルス禍で旅行需要の減少が続く中、貸し切り観光バスを主力とするミヤマトータルイノベーション(MTI、三山悦史社長、三重県伊賀市)はトラック運送事業に活路を求め、生き残りを模索している。元々、保有する5台のトラックを生かしながら積極的な営業活動を展開し、徐々に増車することを検討。大型2種免許を持つドライバーはトラック乗務に支障は無く、今後はバスとトラックの両輪で事業拡大を図っていく。(星野誠)
【写真=貸切バス主力から、トラックとの2本柱に転換を図る】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト