物流ニッポン > 三井住友海上など/画像IoT活用、現場に潜む「危険」可視化 リフト事故低減むけ
産 業
2021/01/26

三井住友海上など/画像IoT活用、現場に潜む「危険」可視化 リフト事故低減むけ

管理者用
物流ニッポン

 三井住友海上火災保険(原典之社長、東京都千代田区)、あいおいニッセイ同和損害保険(金杉恭三社長、渋谷区)、MS&ADインターリスク総研(中村光身社長、千代田区)、コニカミノルタは1月18日、コニカミノルタの画像IoT(モノのインターネット)技術を活用した、物流エリアでのフォークリフト事故低減サービスを開始する、と発表した。4社協業で運輸・倉庫業などでの労働災害リスクを減らし、より安心安全な作業環境を提供。現場に潜む危険性を可視化し、作業員の危険行動やフォークリフトとの接触事故を未然に防ぐことを目指す。(高橋朋宏)
【図=事故低減サービスのイメージ】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト