物流ニッポン > 国交省検討/「大雪で立ち往生」受け、運用事業者へ指導強化 荷主巻き込み対策
行 政
2021/01/19

国交省検討/「大雪で立ち往生」受け、運用事業者へ指導強化 荷主巻き込み対策

管理者用
物流ニッポン

 国土交通省は、日本海側を中心に記録的な大雪が頻発する中、大型トラックが原因となる大規模な立ち往生が相次いでいることを踏まえ、トラック運送事業者への指導強化と併せ、荷主を巻き込んだ降雪時の物流対応について、経済産業、農林水産省など関係省庁と連携の上、検討する方針だ。荷主への罰則的措置や、トラックの輸送停止の目安の見直しなども想定されるが、実効性をあまねく確保することは難しく、流動的な情勢だ。(田中信也)
【写真=日本海側を中心に記録的な大雪が頻発する中、大型トラックが原因となる大規模な立ち往生が相次ぐ(9日、富山県射水市付近)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト