物流ニッポン > 大阪港/貨物取扱高19年、輸出3年ぶりダウン 輸入は微増
物流
2021/01/19

大阪港/貨物取扱高19年、輸出3年ぶりダウン 輸入は微増

管理者用
物流ニッポン

 【大阪】大阪港湾局が1月6日発表した2019年の大阪港の港勢によると、総貨物取扱量は8518万9129㌧(前の年比1.1%増)で、外貿貨物は輸出入合計で3566万9591㌧(1.5%減)と3年ぶりに減少した。貿易額は輸出が3兆7742億円(11.0%減)、輸入は4兆7781億円(3.9%減)だった。(根来冬太)
【図=貨物取扱量の推移】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト