物流ニッポン > 物流ロボット、コロナ禍で需要増 労働人口減を見据え
物流
2021/01/08

物流ロボット、コロナ禍で需要増 労働人口減を見据え

管理者用
物流ニッポン

 ロボットが活躍する物流倉庫のニューノーマル(新常態)――。無人搬送車(AGV)をはじめとした物流ロボットの実証・導入が加速している。新型コロナウイルス感染拡大による企業業績への打撃を受けて投資意欲が抑えられている中でも、物流ロボットメーカーへの問い合わせ件数は着実に増加。労働人口の減少を背景とした生産性向上に加え、3密(密閉、密集、密接)解消を目的とした省人化ニーズも増えている。高額な導入コスト、ロボットの汎用(はんよう)性など導入障壁となり得る課題はいまだ散見されるが、新型コロナが物流ロボット普及の一つのトリガーとなっている。(井内亨、吉田英行、菊地将矢)
【写真=自律型走行ロボットで省人化を実現(きくや美粧堂)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト