物流ニッポン > 九州/トラック業界労働市場、明るい兆しも依然厳しく 労働環境改善が必要
物流企業
2021/01/08

九州/トラック業界労働市場、明るい兆しも依然厳しく 労働環境改善が必要

管理者用
物流ニッポン

 【福岡】新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、企業の採用意欲の低下が深刻化している中、トラック運送業界の「自動車運転の職業」における有効求人倍率は他業種に比べて厳しい。異業種からの転職者増などにより、福岡県の求人及び求職者数に改善の兆しは見られるが、依然として高水準で推移している。こうした中、「少子化の流れは変わらない」と語る事業者もおり、厳しい雇用情勢は続く。一方、「コロナ禍はチャンス」と、SNS(交流サイト)を活用した採用活動の動きも顕著になっている。(上田慎二、高松美希、武原顕)
【写真=ハローワーク福岡南で催された「トラックのお仕事セミナー」】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト