物流ニッポン > サンマ不漁、輸送量把握できず 補償なく収入不安定
物流企業
2021/01/01

サンマ不漁、輸送量把握できず 補償なく収入不安定

管理者用
物流ニッポン

 【宮城】秋の食卓を彩るサンマが、前年に続く記録的不漁となった。全国さんま棒受網漁業協同組合が発表した11月末時点の全国のサンマ水揚げ量は2万7197㌧と、前年同期の72%にとどまる。事前に輸送量が把握できず配車管理も難しいことから、物流関係者からは「もうサンマには期待していない」という冷めた声も聞かれる。(佐藤陽、高清水彩)
【写真=漁船から女川港に水揚げされるサンマ(11月17日)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト