物流ニッポン > ブルーイノベなど/ドローン物流モデル検討、大分・杵築で実証 大型機での大量輸送
物流
2020/12/25

ブルーイノベなど/ドローン物流モデル検討、大分・杵築で実証 大型機での大量輸送

管理者用
物流ニッポン

 ブルーイノベーション(BI、熊田貴之社長、東京都文京区)は12月17日、大分県、ICT(情報通信技術)サービスのオーイーシー(加藤健社長、大分市)、流通・ドローン(小型無人機)事業を手掛ける、きっとすき(大蔵賢社長、大分県杵築市)と10~12日に杵築市で実施したドローン物流の実証実験について明らかにした。今回の結果を踏まえ、大型機による大量輸送と、ドローンの観光活用、人的運用コスト削減の三つの施策について検証し、採算性が確保できるドローン物流のモデルケースを検討していく方針だ。(田中信也)
【写真=サッカースクールにスポーツドリンクなどを運搬(11日)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト