物流ニッポン > 中ト共済、事故情報システム構築 データ集め詳しく分析
団 体
2020/12/25

中ト共済、事故情報システム構築 データ集め詳しく分析

管理者用
物流ニッポン

 【広島】中国トラック交通共済協同組合(小丸成洋理事長)は、運転者セミナーなどに使う資料作りに活用する事故情報システムを構築し、1月から事故情報の蓄積を始める。事故原因をより詳しく分析するため、組合員から提出される事故発生届に細かい項目を追加。10~12月を周知期間として組合員に協力を呼び掛けている。一方、ダンプの荷台を上げたまま移動して電光掲示板を破壊するなど、「うっかり事故」が相次いでいることから、この防止を目的としたDVDを来年夏前をメドに制作する。(江藤和博)
【写真=新しい事故発生届を示す山根専務】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト