物流ニッポン > コロナ対応/ワクチン、物流体制の方向性提示 保存条件「差異」大きく
行 政
2020/12/15

コロナ対応/ワクチン、物流体制の方向性提示 保存条件「差異」大きく

管理者用
物流ニッポン

 厚生労働省は12月10日、新型コロナウイルスのワクチン接種が可能になった際の物流体制の方向性を示した。メーカーから医療機関までの輸送は卸業者が実施するとし、製造メーカーによって温度など保存条件が大きく異なることから、それぞれの特性を踏まえた輸送・保管体制を提示している。(田中信也)
【写真=厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会の部会で協議】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト