物流ニッポン > 北極海航路、苫小牧港を中継地に 気温低く不要の可能性
物流
2020/12/11

北極海航路、苫小牧港を中継地に 気温低く不要の可能性

管理者用
物流ニッポン

 ヨーロッパ・アジア間の新たな貿易ルートとして注目が集まる北極海航路。最近の研究では、冷凍・冷蔵機能が無くてもコンテナ内の温度を保てることが明らかになり、ドライコンテナで食品などを輸送できる可能性が出てきた。北海道では、同航路を利用した日本国内やアジア各国への貿易で、苫小牧港を中継港とする構想が進む。誘致に向けた取り組みや、海上輸送ルートとしての強み、課題などをまとめた。(朽木崇洋)
【写真=日本初となる北極海航路を利用したコンテナ貨物輸送を試験的に実施(19年10月、苫小牧港管理組合提供)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト