物流ニッポン > オンリーワンへの道/誠輪物流、「映える」トラック導入 社員が誇れるブランドを
物流企業
2020/12/11

オンリーワンへの道/誠輪物流、「映える」トラック導入 社員が誇れるブランドを

管理者用
物流ニッポン

 【埼玉】誠輪物流(野坊戸薫社長、埼玉県鶴ヶ島市)は自社と業界全体のPRやイメージ刷新のため、業界の常識にとらわれないアイデアを具現化し続けている。水玉模様や動物の顔模様をあしらった「映(ば)える」ラッピングトラックはその一つ。「社員が誇れる『誠輪ブランド』を確立したい」(野坊戸社長)考えだ。プロドライバーに必要な資格や技能が身に着く専門学校の設立も進めており、求職者に選ばれやすい業界を目指す。(辻本亮平)
【写真=ラッピングトラックは野坊戸氏がデザイン】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト