物流ニッポン > 川田工業、実物大ガンダム格納庫 独自技術で無柱空間実現
産 業
2020/12/08

川田工業、実物大ガンダム格納庫 独自技術で無柱空間実現

管理者用
物流ニッポン

 川田工業(川田忠裕社長、富山県南砺市)は、物流センターの設計・施工などの知見を生かし、実物大ガンダム(高さ18㍍)の格納庫の設計・施工を担っている。物流センターでも用いられる独自のシステム建築を中核とした「KBS(カワダ・ビルディング・システム)」において、無柱空間を実現するなどの技術を活用。実物大という大きさから使用する資材などの量も膨大で、格納庫の施工では10㌧トラック300台分で資材などを搬入した。(井内亨)
【写真=ガンダムの背後にある整備格納庫などを川田工業が担当(創通・サンライズ提供)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト