物流ニッポン > タイヤショップMARUSEN、安全・経費節減を提案 出張対応プロの手で
産 業
2020/12/08

タイヤショップMARUSEN、安全・経費節減を提案 出張対応プロの手で

管理者用
物流ニッポン

 【神奈川】冬用タイヤへの交換が進むこの時期、トラックの車輪脱落リスクも高まっている。国土交通省によると、2019年度の大型車の車輪脱落事故件数は、統計を取り始めてから最多となっており、冬用への履き替えから1カ月以内に事故が集中。背景には、運送会社が経費節減のため、ドライバーにタイヤ交換をさせていることがあるようだ。こうした中、丸泉興業(市川真弓社長、川崎市川崎区)グループの「タイヤショップMARUSEN」(同区)では、プロの手による安全・確実・スピーディーな作業で、冬期の安全運行を確保するよう呼び掛けている。(吉田英行)
【写真=高度な機器を装備し出張対応するサービスカー】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト