物流ニッポン > プロロジス、千葉・稲毛でマルチ型 アサヒロジなど入居
産 業
2020/12/01

プロロジス、千葉・稲毛でマルチ型 アサヒロジなど入居

管理者用
物流ニッポン

 プロロジス(山田御酒社長、東京都千代田区)は11月25日、千葉市稲毛区でマルチテナント(複数企業入居)型物流施設「プロロジスパーク千葉2」を竣工させた。建築資材や樹脂製産業資材の製造・販売を手掛けるフクビ化学工業と共同開発して特許出願中である、と同日発表した樹脂製フォークガードを採用。テナントはアサヒロジ(柴田和憲社長、東京都港区)、M・Kロジ(馬場正和社長、福岡県宇美町)、日本通運が決定済みで、竣工時点で満床となっている。同日竣工式を行い、山田社長らが施設の完成を祝った。(井内亨)
【写真=災害時等の施設提供協定で、手を合わせる熊谷俊人千葉市長と山田社長㊨】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト