物流ニッポン > 全農物流、一貫パレチゼーション推進 青森産リンゴで実証
物流企業
2020/11/24

全農物流、一貫パレチゼーション推進 青森産リンゴで実証

管理者用
物流ニッポン

 全農物流(寺田純一社長、東京都千代田区)は、農産物の一貫パレチゼーションを実現する推進役を担っている。産地、全国農業協同組合連合会(JA全農、山崎周二理事長)及び県本部、パレットのメーカーやレンタル会社、卸と手を携え、コメと青果物のパレット輸送を促進。新たな取り組みでは11月下旬から12月上旬にかけて青森県産リンゴをパレット輸送する実証を行う。(沢田顕嗣)
【写真=11月30日から、大田市場に納品される青森県産リンゴの輸送で実施】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト