物流ニッポン > 東海運、徳島県産品をロシアへ紹介 来年2月にBtoBサイト
物流企業
2020/11/17

東海運、徳島県産品をロシアへ紹介 来年2月にBtoBサイト

管理者用
物流ニッポン

 徳島を拠点に船舶、陸運事業を展開する東海運(阿部功治社長、徳島市)は、ロシア向け地元産品輸出事業で、徳島県の「スマートライフ先取り! 事業者応援事業」の認定を受け、ロシアの業者向けに地元産品を紹介するBtoB(企業間)のウェブサイトの制作に取り組んでいる。2021年2月までにサイトを立ち上げて販路開拓に弾みを付け、「商社機能を持った物流企業」の戦略を強化する。(江藤和博)
【写真=ロシア語のラベルを貼り輸出】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト