物流ニッポン > サトウロジック、ラップトラで地元PR ダブル連結2台導入
物流企業
2020/11/17

サトウロジック、ラップトラで地元PR ダブル連結2台導入

管理者用
物流ニッポン

 【熊本】サトウロジック(佐藤栄磨社長、熊本県大津町)は、7月豪雨で被害を受けた小国町と南小国町からなる「小国郷」を支援するため、観光資源をPRするデザインを描いたダブル連結トラック(全長21㍍フルトレーラ)2台を導入した。一度の走行で運べる荷物量も増えるため、地域の観光振興を後押ししながら、ドライバーの労働環境改善や環境負荷低減に生かしていく。11月9日、同社小国営業所でお披露目式が開かれた。(武原顕)
【写真=小国町出身の佐藤社長が両町にラッピングトラックの構想を提案して実現】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト