物流ニッポン > スマート物流サービス、データ収集の研究進む 「導入しやすさ」狙う
物流
2020/11/13

スマート物流サービス、データ収集の研究進む 「導入しやすさ」狙う

管理者用
物流ニッポン

 戦略的イノベーションプログラム(SIP)第2期の「スマート物流サービス」実現に向け、産官学によるデータ収集技術の研究開発が進んでいる。スマートフォン(スマホ)のカメラで荷物サイズを測れるアプリや、既製品より大幅に低廉化したICタグなど、データ収集の先にあるサプライチェーン(SC、供給網)全体の最適化だけでなく、現場の省人化・効率化や導入しやすさも狙う。(辻本亮平)
【写真=スマホで荷物サイズを計測(オートマギ)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト