物流ニッポン > 同一労働同一賃金、あいまい手当は訴訟の種 社則見直す契機に
その他
2020/11/10

同一労働同一賃金、あいまい手当は訴訟の種 社則見直す契機に

管理者用
物流ニッポン

 正規社員と非正規社員の不合理な格差を禁じる「同一労働同一賃金」の中小企業での施行を2021年4月に控え、各社は就業規則の見直しが必要になりそうだ。10月の最高裁判決で手当の趣旨に照らし格差の合理性を判断する見方が示されたことから、支給の目的があいまいな手当は訴訟の火種となり得る。弁護士、社会保険労務士に対策や所感を聞いた。(辻本亮平)
【写真=手当や休暇を巡る訴訟の最高裁判決では不合理性が認められた(10月15日)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト