物流ニッポン > AiRO、自動貨物けん引車実験 成田空港区域内で
産 業
2020/11/03

AiRO、自動貨物けん引車実験 成田空港区域内で

管理者用
物流ニッポン

 丸紅とZMP(谷口恒社長、東京都文京区)の合弁会社AiRO(岡崎徹社長、中央区)は10月26日、成田空港(千葉県成田市)の制限区域内で、自動走行貨物けん引車による旅客手荷物・貨物輸送の実証実験を実施する、と発表した。実証実験は、成田空港の制限区域内で11月10~12日、第2ターミナル本館からサテライト、駐機場までの区間を、ZMPが新たに開発した貨物けん引車(キャリロトラクター25T)が、運搬用コンテナ4台をけん引して往復。複数のセンサーで自己位置や周囲の状況を認識しながら、事前に取得した高精度走行マップに沿って自動走行する。(田中信也)
【写真=ZMP製の無人走行車を用い遠隔監視システムを検証】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト