物流ニッポン > 最高裁判決、手当や休暇の格差「不合理」 日本郵便訴訟で
行 政
2020/10/20

最高裁判決、手当や休暇の格差「不合理」 日本郵便訴訟で

管理者用
物流ニッポン

 最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)は10月15日、日本郵便(衣川和秀社長、東京都千代田区)の正規社員と非正規社員の待遇格差を巡る訴訟で、長期の雇用確保を見据えた手当や、夏期・冬期休暇の格差は不合理との判決を言い渡した。正規と非正規の間に、職務内容の違いや配置転換で差があっても、手当や休暇の趣旨に照らして判断する見方を示した。同一労働同一賃金が2021年4月から中小企業に適用されることもあり、企業の経営に一定の影響を与えそうだ。(辻本亮平)
【写真=判決を受け、紙を掲げる原告団】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト