物流ニッポン > 出版物物流、「完全休配日」設定 トラ業者の働き方改革
物流
2020/10/20

出版物物流、「完全休配日」設定 トラ業者の働き方改革

管理者用
物流ニッポン

 出版物の物流で、トラック運送事業者による集荷、仕分け、荷積みも止める「完全休配日」を設定する動きが出ている。通常の休配日は店舗配送を止めるが、トラック事業者は集荷など対応しなければいけないケースがあった。日本雑誌協会(堀内丸恵理事長)と日本出版取次協会(平林彰会長)はかねて休配日の拡大を進めていたが、今後、完全休配日が増えれば、トラック事業者の負担が一層軽減されることになる。(辻本亮平)
【写真=雑協と取協は休配日の拡大を進めている(出版クラブビル)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト