物流ニッポン > 岩手県、港湾ルート実証で食肉輸出 リーファーコンテナ活用
行 政
2020/10/16

岩手県、港湾ルート実証で食肉輸出 リーファーコンテナ活用

管理者用
物流ニッポン

 岩手県は2020年度、県内の港湾を利用した物流ルート確立を目指す実証実験に取り組んでいる。白金運輸(海鋒徹哉社長、岩手県奥州市)が事業を受託。19年度に実施した小口混載輸送を継続するとともに、新たにリーファーコンテナを活用したテストも行う。地元企業による県産品などの輸出に向け、関東までトラックで輸送した場合のコスト面やリードタイムなどの課題を検証していく。(今松大)
【写真=エア・ウォーター食品物流釜石営業所で、牛肉2㌧を積載(9日)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。
 

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト