物流ニッポン > 光駿G、拠点拡大を推進 貨物需要取り込み
物流企業
2020/10/16

光駿G、拠点拡大を推進 貨物需要取り込み

管理者用
物流ニッポン

 光駿輸送(佐々木光春社長、札幌市清田区)を中核とする光駿グループは、営業所の増設を進めている。10月1日、光駿トレーラー輸送(緒方克則社長、北海道北広島市)の大洗営業所(茨城県鉾田市)が稼働。大洗港を経由するフェリー貨物の取り扱い業務を効率化し、労働時間の削減につなげる。同社は4月にも苫小牧営業所(北海道厚真町)を開設しており、拠点拡大を通じて貨物の需要を取り込むとともに、労働環境の改善を目指す。(朽木崇洋)
【写真=グループ全体で北海道から中四国圏まで拠点を置く(光駿輸送本社)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト